どんなに外見が良くたって、口が臭かったらすべて台無し!人として他人に迷惑をかけてはいけません!口臭に気を付けよう。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.05.26 Tuesday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
歯科定期健診で口臭予防
 口臭予防は口の中を健康に保つことが一番効果的です。
ですが、毎日の歯磨きや口腔ケアを行っても100%異変を防ぐことは難しいです。
 
やはり時々歯医者にチェックしてもらうのがいいでしょう。
みなさんは定期的な歯科検診に行っているでしょうか。
 
歯科検診と聞けば、虫歯や歯周病などの早期発見のために行くという方がほとんどでしょうが、歯科検診は口臭予防にも大変効果的です。
歯医者は歯だけでなく口の中の健康をチェックするエキスパートです。
 
口の中は体の異変を教えてくれるとても大切な器官なのです。
たとえば、噛みあわせが悪ければ頭痛や肩こりの原因になります。
 
そのほかにも口の中が原因で起こりうる病気がたくさんあります。
そのひとつが口臭です。
 
口の中に異変があれば口臭の原因となってしまうので口の中のプロに定期的にチェックしてもらいましょう。
口は命の元でもある食べ物を一番初めに迎える器官です。
 
健康はまず口元から。
体全体が健康であれば口臭予防にも繋がります。
定期的な歯科検診を受けることで口臭予防、虫歯・歯周病の早期発見、病気へ移行するまえに食い止めることが出来ます。

 

素人目に綺麗だから大丈夫と判断せずに専門医に見てもらいましょう。
虫歯や異常がなくとも時々歯石を取ってもらえば、歯垢が溜まるのを軽減することができ、いつも綺麗な口腔内を保てるはずです。
 
まずは、定期健診を癖づけましょう。
最低でも半年に一回、検診を受けることをおススメします。
そうすればいつでも爽やかな息でいられるでしょう。
 
 
【2009.05.26 Tuesday 16:50】 author : ken-kusakusa
| - | comments(28) | trackbacks(0) | pookmark |
唾液と口臭予防

 口臭予防に欠かせないのが唾液。
唾液が減ってしまい口の中が乾燥してしまうと、細菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
 
では、唾液の分泌量が減ってしまうのはどのようなときなのでしょう。
唾液は普通の生活を送っていればまず極端に減ることはありません。
 
3度の食事の際に大量に分泌され、食べ物から発生する細菌の増殖を防ぐ働きをします。
一日の流れの中で唾液は必要に応じて増えたり減ったりしているのです。
 
その中でも唾液が極端に減ってしまう時間帯が睡眠時です。
そのために朝起きたときに口臭が一番強くなる時間帯のひとつなのです。
 
朝起きたらまず、口うがいをし、歯磨きをしましょう。
また、ストレスを抱えているときや体調不良のときなどにも唾液の量は減ってしまいます。
 
こんなときには、舌を上下左右に動かしたり、頬骨のした辺りをマッサージしたり、キシリトールのガムを噛むことをおススメします。
舌を動かすことで唾液の分泌腺を刺激できます。
 
マッサージも同様の効果があります。
また、ガムを噛むことは食事のときに唾液量が増えることと同じ作用があるので、口臭を抑えられるでしょう。
 
そして唾液が分泌してきたらそれをすぐ飲み込んでしまうのではなく、しばらく口の中に溜めておきましょう。
しかし、これも一時的な効果なので、自分なりのストレス解消法や体調管理を日頃から決めておくといいでしょう。
 
このほかにも口の中を乾燥させてしまう要因に口呼吸です。
口呼吸することでたえず空気が口の中を流れ乾燥させてしまうのです。
 
また鼻呼吸より口呼吸のほうが水分を吸収しにくいといわれています。
日頃から気にすることで口呼吸は改善することができるので、十分気をつけてください。
 
 
【2009.04.06 Monday 17:10】 author : ken-kusakusa
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
漢方で口臭予防
 中国では古くから口臭予防に漢方を利用していたそうです。
では口臭予防に効果を発揮する漢方薬とはどのようなものなのでしょうか?
 
代表的なものとしては、甘草(かんそう)、陳皮(ちんぴ)、益母草(やくもそう)、山査子(さんざし)などがあります。
これらの漢方薬は、口の乾燥やのどの渇きを防いでくれ、体調管理にも効果があるとされます。
 
口腔内の乾燥は口臭の原因の大きな要因のひとつです。
漢方はそんな口腔内の乾燥を体の中から治してくれるので、とても心強いですね。
また、漢方は妊娠中や授乳中にも使用することができるので、体調を崩しやすく口臭が気になる女性のかたにもおススメといえます。
(妊娠中、授乳中の方が使用する際はかかりつけ医にご相談ください。)
 
また、漢方には飲むタイプのものだけでなく、マウスウォッシュのタイプのものもあります。
市販のものは効果が強すぎるものもあり、口腔内の善玉菌まで殺してしまうことがあるため、かえって口臭に繋がるケースがあります。
漢方を使ったマウスウォッシュなら、そんな心配もなく、細菌だけに作用してくれるので安心して使えますね。
また、口臭だけでなく歯肉を強くしてくれる効果もあるので歯周病予防などにも期待できます。
 
ただ、漢方は汚れを落とすものではないので正しい歯磨きとあわせて使ってください。
体の中からキレイにしてくれて、しかも安全な漢方。
気になる方はお近くの専門医に相談してみてください。
 
 
【2009.02.25 Wednesday 16:17】 author : ken-kusakusa
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
口臭予防(歯磨き)

ここに本文を記入してください。
 口臭予防で一番効果的なのが口腔内を清潔に保つことです。
正しい歯磨きをすることで、約80%の口臭原因を防ぐことができると言います。
 

毎日歯磨きをしている人がほとんどでしょうが、一回の歯磨きの時間をみなさんはどのぐらい取っていますか?
専門科医が勧める歯ブラシをする時間は約15分ぐらいです。
ですが、ほとんどの人が5分も経たずに終えてしまいますよね。

 
ある統計では一番多い歯磨きの時間が3分前後ということでした。
歯ブラシを15分もするなんて長すぎる!!めんどくさい!!歯や歯茎を傷めてしまいそうだ!!と思われる方も多いでしょうが、正しい歯磨きをするには必要な時間なのです。

 
正しいブラッシングのやり方は、ガシガシと一気に歯を磨くのではなく、1本に1本丁寧にやさしく磨きます。
特に、奥歯の凸凹とした表面や、歯と歯の間、歯茎が覆いかぶさっている部分などは歯垢が溜まりやすく、ほっておくと口臭の原因となるだけでなく、虫歯の原因にもなります。

 
磨く順番は特にありませんが、磨きにくい場所から順に行えば磨き残しが少ないとされています。
歯の表面ばかりを磨く人が多いですが、歯の表面は何もしなくても、歯垢がつきにくい場所で、ついたとしても唾液や飲み物を飲むときに洗い流せる場所なので軽くなぞる程度で十分です。

 
自分なりの磨きやすい順番を決め、毎日同じやり方をすることで磨き忘れを防ぐことができるので自分に合ったやり方を見つけましょう。
初めは鏡を見ながらブラッシングするようにしましょうね。
目で確認することで、より丁寧な歯磨きが出来ます。
 
 

 

【2009.01.27 Tuesday 17:56】 author : ken-kusakusa
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
正しい食生活で口臭予防

 口臭予防の方法として口腔ケアを行う人がほとんどですが、食生活を正すことでも口臭予防は出来ます。
規則正しい食生活を送ることで口臭を予防し、爽やかな息にしましょう。
 
なぜ食生活を正すことで口臭が予防できるのでしょうか?
不規則な食生活ですと、唾液の分泌量が減ってしまい、口の中が乾燥してしまいます。
口の中が乾燥してしまうと、細菌が繁殖する絶好の環境になってしまうのです。
1日3回規則正しく食事すると、食事毎に唾液が分泌され細菌の繁殖を防ぐことが出来ます。
また、不規則な食生活で栄養不足になると胃を傷めることになったり、体調を崩してしまい、これも口臭の原因となってしまいます。
 
では、口臭を予防する正しい食生活とはどんなものなのでしょう?
まず、食事のバランスです。
野菜を中心としたバランスの良い食事を摂取することで健康を維持することができ、体内から発生する口臭を防ぐことが出来ます。
また、よく噛んで食べることです。
 
よく噛むことで唾液の分泌量が増え細菌の増殖を防ぐことが出来る上に、ダイエットにも効果的です。
近年、洋食化傾向にあり、魚から肉へ転向していますが、日本人は本来肉類を消化する力が弱いです。洋食から和食に切り替えるだけでも、体内の調子を整えますので、口臭予防に効果があります。

食事を見直すことはなかなか難しいことですが、少しずつ見直して息も体内も綺麗になりましょう。


 

【2009.01.13 Tuesday 14:06】 author : ken-kusakusa
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マウスウォッシュで口臭予防

 みなさんもマウスウォッシュの事はよく知ってますよね、
マウスウォッシュとは薬液を口の中に含み20〜30秒ほどグシュグシュとうがいして使用するもの。
 
効果は歯磨きでは届きにくい場所の汚れを洗い流してくれ、口腔内の殺菌、消臭効果、舌の洗浄などです。
最近は口臭に気を使う人が増えてきて様々な種類のものが販売されていますね。
使用した後はお口のなかとてもさっぱりして気持ちがいいです。
口臭の原因となる汚れを洗い流してくれ、菌の繁殖を防ぎ、殺す作用もあるので口臭予防には最適です。
歯磨きと合わせて使用すれば、磨きこぼしのサポートをしてくれるので、口の中をより清潔に保つことが出来ます。
 
私のおススメは、昼食後、間食後、人と会う前などにおススメです。
食後は歯磨きを必ずしたほうがいいと思われる方が多くいらっしゃると思いますが、あまり歯磨きをしすぎてしまうと、唾液まで洗い流して口の中の乾燥を招いてしまい、かえって口臭の原因になってしまったりします。
正しい歯磨きをしていれば、朝晩の2回で十分なので、その他で口の中が不快なとき、食事をしたときなどはマウスウォッシュで十分でしょう。
ただ、マウスウォッシュもやりすぎてしまうと、唾液を洗い流してしまい乾燥を招くので程々に行いましょう。
 
口の中がさっぱりすれば、気分もとてもいいものです。
口臭予防に努めると同時に気分爽快にもしてくれるマウスウォッシュはとてもおススメです。
口臭が原因で、仕事に支障が出るなど、人を不快な思いにさせてしまうこともあるので、いつでも気をつけて爽やかな息でいましょうね。


【2008.12.15 Monday 16:59】 author : ken-kusakusa
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タブレットで口臭予防

 手軽に出来る口臭予防いえばタブレットですね。
タブレットは様々なタイプがあり、使用する人の生活条件にあったものを選べてとてもおススメです。
噛んで口腔内とお腹の中をキレイにしてくれるタイプや、飴のように口の中で舐めて口腔内、舌の洗浄をしてくれるタイプなど様々です。
口臭が発生する口腔内、舌、胃に作用するので色々なタイプの口臭に効果があるといえます。
 
タブレットの成分でよく目にするものは、緑茶に含まれるカテキンやフラボノイド、ミントやハーブなどですね。
どれも消臭に効果のある成分です。
また消臭に効果がある成分以外にも、虫歯の予防に効果があるキシリトールが配合されているものもあり、一度にたくさんの効果が期待できて使う側には嬉しいことです。
 
タブレットは手軽に持ち歩けますし、味も種類が多くおいしいものが多いので嬉しいですね。
効果も即効性があり、今すぐ口臭をどうにかしたい!というときの強い味方になってくれるでしょう。
人と会う前に利用すれば安心ですね。
 
ただ、即効性の消臭効果がありますが、長時間持続して効果があるわけではないので、あくまでも簡単な消臭グッズと思ってください。
根本的な口臭予防には歯磨きなどの口腔内の掃除が一番効果的なので、基本的な歯磨きや歯間ブラシといった口臭予防とあわせてお使いすることをお勧めします。
 
口臭予防は大人の大事なエチケット!
たかが口臭と侮らないで手軽に使える口臭予防グッズを上手に取り入れながらいつも爽やかな息でいましょう。


【2008.12.02 Tuesday 16:13】 author : ken-kusakusa
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マウススプレーで口臭予防

ここに本文を記入してください。
 巷では、様々な口臭予防のグッズが販売されていますね。
その中でも人気があるのがマウススプレーです。


マウススプレーは口の中に吹きかけ粘膜から直接成分を吸収させ消臭、殺菌を行うものです。
マウススプレーはなんといっても手軽です!
コンパクトなのでどこでも携帯できて、口の中にシュッシュと吹きかけるだけなので時間もかからず簡単に口臭予防ができます。
また、味も様々なものがあり、それも人気の秘密でしょう。
値段もお手頃価格のものが多く、コンビニなどで手に入りやすいので、ついつい買ってしまったという人も多いはずです。

最近は口臭予防+αでダイエットに効果があるものや、歯周病予防に効果があるものもあるので自
分に合ったものを選びましょう。


主に効果があるのがにんにくなど臭いのキツイ料理ですが、他にもタバコ臭いときなどにもおススメです。


これから人に会うのに口臭が気になるな!と言うときに最適ですね。
口臭は自分ではなかなか気づかないものなので、いつも携帯しておけば安心です。
最近は見た目にも可愛いものがあるので自分の好みのものを選ぶ楽しみもあっていいですね。


ただ、マウススプレーは一時的な効果しかありません。
あまり頼りすぎず、基本的な歯磨きはしっかり行いましょう。

口臭は他人を不快にさせてしまい、仕事や恋人同士に亀裂を入れてしまうかもしれません。
いつでも爽やかな息で、人生をスムーズに進めましょう。


【2008.11.21 Friday 16:47】 author : ken-kusakusa
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お茶で口臭予防

 

お茶に強力な消臭効果があるのは有名ですよね。
では、なぜこんなに強力な消臭力があるのでしょうか?


お茶の成分にはカテキンとフラボノイドというものがあります。
カテキンは殺菌作用があるとされ、よく耳にしますね。
フラボノイドもガムなどに使用され、まさに消臭に効果のある2大成分がお茶には含まれているのです。
そのため部屋やトイレや車などの消臭剤にも使用されるほどです。


また、お茶にはフッ素も含まれているので虫歯の予防にも最適です。
虫歯は口臭の原因となる歯垢や細菌が繁殖してできたものなので、虫歯を予防することは口臭を予防することにも繋がるのです。


口臭予防に最適な飲み方は、食後、特に臭いのキツイ食材、にんにくや肉料理を食べた後にできる
だけ早くお茶を、特に緑茶を飲んだり、口をゆすいだり、うがいをすることをおススメします。
お茶を飲むことで口腔内のだけでなく、胃の中の消臭をしてくれ口臭を予防してくれます。
また、お茶の殺菌効果で虫歯の予防にもなります。


お茶には口臭予防だけでなく、癌を抑える効果や、風邪のウイルスを殺菌する作用があり、まさに万能薬みたいなものなのです。
お茶の産地である静岡県の人は長寿であることと、風邪を引きにくいことがいわれています。
もちろん、虫歯が少ない県でもあり、お茶の大きな効果が伺えますよね。
口臭予防のためだけに飲むのではなく健康のためにも意識して飲むことをおすすめします。


お茶を飲んで息も体も健やかでいましょう。


 

【2008.11.07 Friday 12:01】 author : ken-kusakusa
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
梅干で口臭予防

 梅干を見ると口の中にジワッと唾液が出ますよね。


この唾液は口臭予防には欠かせないものです。
では、なぜ梅干を見たり食べたりすると唾液が出てくるのでしょうか?


人間はすっぱいものを見たり食べたりすると脳が信号を送り反射的に唾液が出てくるのです。
唾液が大量に出ることで口の中を乾燥から防ぎ細菌の繁殖を抑える効果があるのです。
細菌は口臭の大きな原因なので口臭予防に繋がるというわけです。


また、梅干自体にも口臭を予防する効果があります。
梅干に含まれるクエン酸は口腔内の細菌の繁殖を抑える効果や口腔内に残ったタンパク質を分解する働きがあるのです。
このほかにも熱や胃の働きの低下からくる口臭にも効果があります。
人間は熱が出ると口腔内が乾燥しやすく、細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
そんなとき梅干を食べると唾液の分泌を促進するほか解熱作用もあるので一石二鳥というわけです。
まさにおばあちゃんの知恵!といった感じですね。
また、夏バテに梅干料理!とよく言われますが、夏場は胃が弱ってしまうことが多く、それが口臭にも繋がってしまうのです。
梅干を食べることにより胃液の分泌量を増やし、元気な胃を取り戻して口臭予防に努めましょう。


口臭予防にも健康にも効果を発揮してくれる梅干は昔から日本にある万能薬なのです。
ただ、塩分が高いので塩分管理をしなければいけない方や、食べすぎには注意が必要です。
細菌は塩分控えめな梅干もあるので気になる方は低塩分のものを探してくださいね。


このように手軽に出来る梅干で口臭予防をしましょう!


【2008.10.29 Wednesday 12:38】 author : ken-kusakusa
| - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |